京都に住もう エリッツ

  • 標準

京都府立植物園

大正13年に開園した、日本で最初の公立総合植物園。日本最大級の回遊式観覧温室も見どころの一つ。約24ヘクタールの広大な敷地には、約1万2,000種、12万本の四季折々の植物が並ぶ。府民の憩いの場としても利用され、お弁当を持っておでかけするのもオススメのスポット。1年を通じてさまざまな企画展も展開している。


 

京都府立植物園

バラ‘浪漫’(バラ科)

京都府立植物園

レンガ色のレトロな雰囲気で、クラシックとモダン両方の魅力を楽しめる、まさに和洋折衷の薔薇。黄緑色で光沢をもつ葉も綺麗。四季咲き性で、春から晩秋まで咲く。見ごろは5~6月、10月~11月。

ゼラニウム
  (フウロソウ科)

京都府立植物園
欧州の家々の窓辺によく飾られ、欧州の代表的な街並みの風景になっている花。花色は赤、ピンク、白と豊富。ローズに似たフローラルな香りを持ち、精油はエッセンシャルオイルとしても使われる。4月~11月に咲く。



一覧ページへ戻る