京都に住もう エリッツ

  • 標準

大映通り商店街

戦後の夜店通りから始まり、大映撮影所とともに発展した「大映通り商店街」。
かつてこの界隈には大映をはじめ映画の撮影所が立ち並んでいたことから、商店街に撮影の合間にスターが衣装のままで通りを歩いていたなどのさまざまな“映画”にまつわるエピソードが息づき、“キネマストリート”とも呼ばれ親しまれています。
また、「キネマのまち太秦のシンボルに」と修復された全高5メートルの「大魔神」の像が凛々しい姿で仁王立ちし、商店街を訪れる人々を出迎えてくれます。

 

大映通り商店街

「映画」がテーマ

映画フィルムをデザインしたユニークなカラー舗装の道路や映画のカメラをモチーフにした街灯など、商店街の通りには「映画」をテーマにした様々な街づくりがされています。
2013年3月には大映京都撮影所で制作された元祖特撮映画『大魔神3部作』のヒーロー大魔神がおよそ50年ぶりに復活し、「キネマのまち太秦のシンボルに」と修復された全高5メートルの大魔神の像が、商店街の中で凛々しく仁王立ちしています。

大映通り商店街

大映通り商店街


キネマストリート

かつてこの界隈には大映をはじめ映画の撮影所が立ち並んでいたことから、商店街には撮影の合間に映画スターが衣装のままで通りを歩いていたとか、俳優の名前がついた定食があるとか、有名監督の作品に出演経験をもつ名物店主がいるなど、さまざまな“映画”にまつわるエピソードが息づき、“キネマストリート”の名でも親しまれています。
戦後の夜店通りから始まり、大映撮影所とともに発展した大映通り商店街は昭和の人情と映像文化の未来が同居する、不思議で楽しい商店街となっています。




一覧ページへ戻る